勝利は約束されない
ガッツポーズは悔し涙に
歓喜は落胆に
瞬く間に裏返る
残酷なほどあっという間に
意地悪なほどあっさりと
そして、また振り出しに
気がつけば
いつかと同じように坂の入口に佇んでいる
込み上げる既視感
蘇る重い記憶
またあの坂道を登るのか
溜息が漏れそうになる

でも勘違いしてはいけない
そして忘れてはいけない
これから僕たちが歩むのは
いつかの坂道ではない
これから歩み始める僕たちも
いつかの僕たちではない
これは
10年前とは違う僕たちのために用意された
10年前とは違う新しい道なのだ
新しい僕たちで
新しい物語を
これからまた始めるのである

勝利はやっぱり約束されていない
けれど
だからこそ僕たちは挑戦することができる
成功はずっと先にある
だからこそ僕たちは挑戦を続けることができる
何よりも
こんなにも痛々しく昂揚して
こんなにも生々しく疼きながら
青春を続けることができる



*本稿は「湘南ベルマーレ ハンドブック2011」に掲載されたものです。